カロリナ酵素プラスを食前に飲むのがおすすめの理由とは?

カロリナ酵素プラスはサプリメントのため、医薬品のように必ずこのタイミングで飲まないといけないといったルールはありません。しかしカロリナ酵素プラスの効果を最大限引き出したいのであれば、以下の飲み方に注意すると良いでしょう。

 

まず飲むタイミングですが、食前がおすすめです。カロリナ酵素プラスにはリポサンウルトラやガーシトリンといった特許成分が含まれています。リポサンウルトラには脂肪に吸着して体内に吸収させない、ガーシトリンには食欲を抑える効果があります。食前に摂取すれば、食事の脂肪の吸収を抑制できますし、食欲を抑えられるため、無理なく食事制限ができます。

 

カロリナ酵素プラスの摂取量ですが、4〜8粒です。まずは4粒からトライしてみて、物足りないようであれば摂取量を増やしてみましょう。8粒をはるか超える量を飲むと過剰摂取につながりかねないので、あくまでも目安量を守ることです。

 

カロリナ酵素プラスはサプリメントですから、他の商品と一緒に飲んで体に悪影響の出る心配はまずしなくてもいいでしょう。ただし病院の処方薬を服用している人は、念のため医者に相談することです。また体調のすぐれない時にはサプリの摂取は中止して、体調を整えることを優先した方が良いです。食べ物をしっかりと取り、体力回復させることが大事です。

 

妊娠中にはカロリナ酵素プラスは飲まない方が良いでしょう。カロリナ酵素プラスは摂取カロリーをカットする効果があります。そうなると胎児に十分な栄養がいきわたらなくなる恐れがあります。また妊娠中は普段以上に体がデリケートになるものです。その意味でも無理にダイエットすべきではありません。

カロリナ酵素プラス


食べる量が変わっていないのに体重が増加している方には


カロリナ酵素プラスの公式サイトはこちらから